トップページ>>試乗の最近のブログ記事

少し前になりますが、フォルクスワーゲンの試乗会で乗ったモデルの報告です。今回はザ・ビートルR-LineとDesign。

今年2月のJAIA(日本自動車輸入組合)の試乗会で乗ったクルマの報告です。今回はポルシェ・マカンGTS。ひと言で、ポルシェらしさが詰まった魅惑的SUVモデルでした。

DS 3スポーツ・シックに試乗

少し前になりますが、DS 3に長距離試乗しました。6MTのマニュアルトランスミッションと、1.6リッター・ターボを搭載するスポーツシックというグレードで、走りはスポーティーカーとしておおいに満足。いっぽうエクステリアのデザインも、さすがパリ発のブランドと思わせる"シック"なもの。一見相反するこのふたつを両立したところが、フランス流自動車ならではと感じました。

BMW118dに試乗

BMW1シリーズのディーゼル搭載モデル、118dに試乗しました。計約750km走っての感想です。比較的小柄なFR車ですが、息の長い大人の走りをすると快走する、実のあるハッチバック車でした。

ルノー・トゥインゴに試乗

ルノー・トゥインゴに試乗しました。リアエンジンを採用して旧型から大きく変わったスモールカーですが、まさにユニークで楽しいクルマでした。歴代トゥインゴの過去の経緯も考察して、レポートします。

前回に続いてアウディA4についての印象記です。今回は2.0 TFSIクアトロ・スポーツです。


アウディA4 2.0TFSIに長距離試乗しました。非常に洗練された乗り味が印象的でした。

プジョー・シトロエン・ジャポンが7月12日に発売したディーゼルに試乗しました。308GTブルーHDi、308SWアリュール・ブルーHDi、508GTブルーHDiの3車です。とくに1.6リッターを搭載する308SWアリュール・ブルーHDiは、好印象でした。

ゴルフ・トゥーランに試乗した印象です。まさにゴルフのミニバン版というべきクルマでした。

スバル・インプレッサに試乗しました。比較的なんの変哲もないふつうのクルマの外観で、乗ってみてもふつうのファミリーカーの印象です。ところが走りの性能は非常に懐の深い優れたものでした。

リポーターについて

武田 隆(たけだ・たかし)

1966年東京生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科中退。出版社アルバイトなどを経て、自動車を主体にしたフリーライターとして活動。モンテカルロラリーなどの国内外モータースポーツを多く取材し、「自動車アーカイヴ・シリーズ」(二玄社)の「80年代フランス車篇」などの本文執筆も担当した。現在は世界のクルマの文明史、技術史、デザイン史を主要なテーマにしている。著書に『水平対向エンジン車の系譜』 『世界と日本のFF車の歴史』『フォルクスワーゲン ゴルフ そのルーツと変遷』『シトロエンの一世紀 革新性の追求』(いずれもグランプリ出版)がある。RJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)会員。

ウェブページ