クルマのメカニズム クルマの歴史 モータースポーツ トラック・バス 鉄道 飛行機 バイク・他お問い合わせ会社概要
トップページへ
news list

2015年5月 1日

4月7日・8日、『第1回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会』が開催されました。その様子をご紹介します。

(レポート:高杉文生)

2015年4月30日

今年の2月に行なわれたJAIA(日本自動車輸入組合)の試乗会に参加しました。乗ることができたクルマいくつかについての感想です。

(レポート・写真:武田 隆)

2015年4月30日

新刊『スバル360開発物語』が発売になりました。その刊行までの経緯を編集部よりお伝えいたします。詳しくはこちら

2015年4月25日

ランサーエボリューションファイナルエディションの発売決定を受けて、『ランサーエボリューション I 〜 X』著者の飯嶋洋治氏にコメントをいただきました!詳しくはこちら

2015年3月31日

最新世代のミニは、基本のハッチバック・モデルは、3ドアのほかに5ドアも揃って、ラインナップを強化しています。3ドアのクーパーに試乗した印象を中心に、ミニ・ワン、クーパーS、5ドアの印象も加えて報告します。

(レポート・写真:武田 隆)

2015年3月 9日

〈編集部より〉新刊『戦後モータージャーナル変遷史』の刊行の意図などお知らせします!

 
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
 戦後の復興とともに日本のモータリゼーションは大きく発展を遂げましたが、それを牽引したもののひとつが自動車雑誌でした。
 昭和40年代に入ると、自動車メーカーは技術やデザインに力を入れたクルマを次々と開発し、自動車雑誌はそれをいち早く事細かに取材して、その新車の魅力を誌面で伝えてきました。また、良い面だけではなく問題点も提示することで、一般のユーザーを育て、それにより日本車の進歩をサポートしてきました。
 本書は、自動車雑誌に長年携わってこられ、歴史ある自動車雑誌の編集部員、そして編集長として活躍された小田部家正氏に、昭和から平成にかけて忘れられない印象的な日本車を、取材時の思い出とともに綴っていただき、日本の自動車史の一端を記しました。
 登場するクルマは多岐にわたり、なかには世代交代を繰り返しながら熟成され、現在に至るものもあります。
 編集にあたっては、読者の方々に内容をより理解していただくことを目的に、適切な位置に関係するクルマの写真を配置するように配慮いたしました。写真・図版については、本書の編集方針にご理解をいただいたトヨタ博物館ライブラリー様より数多くの資料をご提供いただきました。さらに、著者の雑誌編集部時代の記事を本書で紹介するにあたり、八重洲出版様のご協力をいただきました。その他、自動車史料保存委員会などのご協力も得ました。
 また、三本和彦氏には、巻頭の序文をいただきました。ここに感謝申し上げる次第です。
 本書によって、戦後の自動車文化がどのように発展していったかを読みとっていただければ幸いです。

グランプリ出版編集部

2015年2月 9日

東京オートサロンのレポートの続きです。ホンダのブースは、見どころが多く、いろいろ盛りだくさんという印象でした。

(レポート・写真:武田 隆)

2015年2月 6日

1月9〜11日に幕張で開催された東京オートサロン2015を見た印象です。目についたブース、展示車両などについて書いています。

(レポート・写真:武田 隆)

2015年1月14日

2014年12月28日

10月19日に長野県の車山高原で開催された、恒例のフレンチブルーミーティングで、少し写真を撮ってきたので、ご紹介します。

(レポート・写真:武田 隆)


前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11